美肌ケアの天敵、活性酸素

美肌を保つには環境を整える以外に気をつけることがあります。それは活性酸素です。テレビの医療番組においても活性酸素は気を付けなくてはいけないと言われ、身体のサビを生み出すと言われていますが、肌に関して具体的に知ることが対応を取ることができます。活性酸素はもともと、外部の刺激から体を守るとして体細胞を守る習性がありますが、防御力が強くなりすぎることがで細胞を傷つけてしまいます。

特に日常では紫外線に気を付ける必要があります。紫外線は人体にとって有害な物質を多く含んでいるために皮膚に浴び続けることによってその害から肌細胞を守ろうとしてたくさんの活性酸素が生み出されていきます。肌細胞に酸化をもたらし、老化へと結び付けていきます。お肌にはシミを生み出したり、潤いとハリをも失わさせます。

そして皮膚がんのリスクも高まってくるために夏から初秋にかけての強い陽射しの時には受けないようにサンバイザーや日焼け止めクリームなどを塗ることで活性酸素の発生を防ぐようにします。紫外線に気を付けなくてはならないは活性酸素の発生を防ぐためであることを忘れないようにします。

PR|エステティックサロンのトータルケアで自分磨き|

Posted in:

Comments are closed.