怖い過酸化脂質

みなさんは、過酸化脂質という脂をご存知でしょうか? これは脂が酸化して、毒性のある物質に変わったものです。古くなった油で揚げた揚げ物を食べたりするとお腹を壊したりすることがありますが、これは過酸化脂質が原因で起きることです。同じように基礎化粧品に含まれる油分のほか、自然に肌から出てくる皮脂も、肌の上で酸化されて過酸化脂質に変わり、有毒物質になるのです。
過酸化脂質は肌にさまざまな悪影響を及ぼします。たとえばニキビや肌荒れ、シミ、シワ、くすみ、たるみななどもそのひとつ。要するに肌の健康を害するわけですから、あらゆる肌トラブルの原因になります。
部分的なニキビや毛穴の黒ずみ、コメドなどが気になる方にはオイルを使ったクレンジングがおすすめですが、古い油を使ってしまうとせっかくのケアも元も子もなくなってしまいます。ニキビケアなども逆にニキビを増やしかねませんので、開封後、時間の経ったオイルの使用には注意してくださいね。

PR:大人ニキビや肌荒れは薬用で治す

コメントを残す